デジタルエージェンシーのIA

ia

先日、とあるクリエイティブエージェントのセミナーに参加してきた。
ところどころ抜けているけど、メモった内容を記録。

デジタルエージェンシーのIA

クライアントのこうしたい
制作のこうすべき
利用者のこれがほしい
サービスの流行り廃り
最近のUI事情
予算とスケジュール

BIG IA 概念に近いHCDみたいな
SMALL IA 

サイトマップとワイヤーフレーム
・ユーザーテスト
・ユーザビリティ調査
・アクセシビリティ調査
・サービス開発のコンサル
・オウンドメディアのコンサル
・WEB戦略書やガイドラインの執筆

IAは参謀
・クライアントの全社ごとになることが醍醐味
・ハブになる役割
・設計とは相反するいくつもの要素を新調に検討して
・最良の妥協点を見つける仕事だ

UX
・クライアント → サービス
・プロヂューサー → 市場とユーザー調査
・IA → 整理と取捨選択
・CD → アウトプット

みんなでUXデザインしている

左脳でインプット
・すべての情報を仕入れる
・構造化&優先順位づけ
・あらゆる選択肢を持っておく
・すべてに客観的な理由を用意する
・超ドキュメント化
・正確な議論
・ここが間違えると後工程が全部狂う
・選定条件を可視化する

右脳でアウトプット
・デザイン工程の理解
・デザイン論理部分を担当している
・それが気持ち良くレイアウトされているか
・UIはイケているか
・神は細部に宿る
・作っては改修作っては改修作っては改修
・ルールのブレを許容する ルールを崩していい塩梅 ブレンド感
・ハイスピード
・コンテンツの相関関係から導線をつくるべき

コミュニケーション能力
・しゃべる仕事
・しゃべるだけでなくドキュメントコミュニケーションも重要
・お互いをたてる
・人間関係
・理屈と人情

様々なクリエイターが集まる中で、IAに特化してエッジの効いたスキルセットを持つことで、ただのウェブサイト設計だけではなく、クライアントのビジネスモデルの根幹から携わることができるという話しが最も響いた。
ビジネスパートナーにとっての参謀であること、企業の重要な判断に設計で回答できる意義はとても大きいと感じた。