2011年 あけましておめでとうございます。


新年あけましておめでとうございます。

大晦日から懐かしい旧友たちとのんびり過ごし、今年も宮島に初詣へ行ってきた。
同じ時間を過ごしてきた友でも、過去や未来があり、そして今をそれぞれが生きている。
なんだか脈略がないのだけれど、新年からそんな想いを巡らせておりました。

遠くても近くても、時間を重ねる毎に
自らが選択した道筋を信じて戦ってる。
仕事だったり家族だったり仲間だったり。
環境や生活を通じて人と人との間に生まれるすべてに関係し合ってる。
友達と過ごした時間によってそう感じた。

何気ない言動や行動からそれを感じ、
はて、自分ではどうだろうとぼんやり考えていた。
人間として、大切な人やモノに対してどんな意識を抱きながらそれに応えているか。
当たり前に過ごしていた時間の中で、どれだけの人と共有した時間があるのか考えた。

きっと、大切にしたい人がいる関係は
互いに尊重しあい与え与えられている。
優しさがあり気遣いがありわがままがあり協力がある。
時を重ねて更にその見えないつながりの意識が大切なんだと感じてきた。

当たり前のことを当たり前に出来るようになりたい。
きっとそれがいろんな事につながる。
自分はまったくその意識が足りなかった去年だったと思う。
せっかくそれに気づけたんだから、今年はそれを目指したい。

今年は30歳になる。
戦うために自分の幅を広げる。
小さいことでもひとつひとつ丁寧に当たり前をつくる。
その積み重ねを表現に変えていこうと思う。

本年もよろしくお願いします。