グラフィックカレンダーJUNE

いったい今は何月何日なんだって感じです(泣)
もう日記ですらないけど、がんばって続けていきたい一心だ。
積み重ねる、ブログも制作も本も遊びも。
継続して振り返ってまた繰り返して。
これはデザインの筋トレだから、サボるとすぐに衰える。
本も読んで活字に触れることが大切な気がするよ。

これだけ情報が生まれては死ぬ状況で、自分にとって必要な情報をどう嗅ぎ取るかって大事。
でも無造作に片っ端からカジるような手法も必要と思う。
全然意識してないモノとモノの繋がりってある。
アイデアって思いつきとは全然違うと思う。センスも発想した後の展開では必要だけど、きっかけは日頃の観察とか情報接触とかだと思うし。

個人的にとっても注目度の高いデジタルサイネージも、実際の事例とか触れつつ、その事例のない場所で価値導きだすって訳だから、普段触れている何気ない日常がヒント。
そっから導線とかターゲットとか考える。
そこに何かを見いだす想像力を養いたいもんだ。
電脳コイルの世界みたいな。

このアプリもまさにそんな感じ。
おもしろいなぁ。
その人が残したつぶやきを拾い集める感覚。メタバグじゃんw
それに記憶(記録)が残ってて、その時の状況とか環境とかを知れる。
夕方になると決まって太極拳しに人が集まる、とか。
夏の朝は朝日がめっちゃキレイだ、とか。
ここで彼女に告白したんだ、とか。
物質に記憶された他人の想いを共有できる。
クエスト的にその記憶(アイテム)をコンプリートすれはなんかもらえるとか。
そんなアイデアもありだよね。

あーすげい。なんかもうゴッチャになるなぁ。
DQ9もすれ違い通信とかで偶然居合わせた人との情報交換ができたり。
他人事が自分事になる。
必要に成り得る情報を自分が動くことで手にすることができる。
しかも自分も仕掛けてみたり、提供してみたり。

もっとこのヘンの事例とか知識は勉強しよう。
サイネージにも間違いなく通じる。
ゲーム感覚で情報を集める。
きっと楽しいし世界が広がるワクワク感がとっても前向きに夢中になれると思う。