チャンス

チャンスをモノにできるかどうかは
もちろんタイミングとか偶然性によるものもあるかもしれないけど、
印象とか雰囲気とか少し曖昧な感情で伝わるものかもしれない。

話した言葉や身振り手振りで引き込める力はある。
逆にその瞬時の言動や振る舞いですべてを無にすることもまた然り。
後になってパッとその人物が浮かぶか。
忘れさせないためのキッカケが呼び起こせるかどうか。

他人の受け取り方でまず大きく左右されると感じる。
後はその他人の印象と期待に対して答える状況をこちら側が作れるかどうか。
結局そこでキャッチボールが発生するんだよね。
どんな相手で何を考えているか。
自分の印象とか相手に対して行った言動なんかを思い出しつつ、
次の手を探りながら相手にとって有益な何かか、その期待に響きそうなものを選択実行してみる。

あ、これって広告じゃんって思った。
普段の生活にも普通に起こっているイベントで、
その度に自分は何かをコントロールして球種を選んで投げたり捕ったりしているわけで。
カーブをかけたら思った以上に球がふいてしまう事もある。
一球で相手のモチベーションを下げてしまう結果にもなりかねない。

そう言った時は暴投して初めて気づくもんなんです。
やっちまったと反省しつつ、もう一度投げ合えるように一生懸命コントロールするんです。
暗くなって球が見えなくなるまで何度でも。

相手がそこまでつきあってくれるという前提だけど。
その関係性をつくることで、何か見える(生まれる)チャンスがつくれると思う。

全然まとまってないけどそんなことを感じた日曜日の夜です。
明日からまた仕事もがんばります。